熊野・勝浦

Natsumi Chatsumi

淡くてほっとする、あたたかい味わいの熊野番茶。こちらを栽培、加工しているのが、若き茶園主のなっちゃんです。 なっちゃんは、一番茶を釜で炒ってもみこんだあと天日で干し、さらに釜炒りして仕上げる昔ながらの番茶の製法を受け継ぎ、未来につなげています。 「葉っぱまで食べられるお茶」を目指して無農薬栽培。 郷土料理「茶粥」を作った際には、葉っぱも一緒にいただきましょう。 お茶用の釜が家庭にある、お茶の木が庭にあることも多いという熊野本宮エリア。独自にうけつがれたお茶文化を伝える挑戦は、はじまったばかりです。

フィルターと並び替え
カテゴリ
商品
地域から探す
生産者さんから探す

紀州熊野の「食べられる」お茶、 なっ茶40g

Natsumi Chatsumi

  • ナチュラル食材
¥1,470(税込)
詳細を見る